あさブロ

どうも、あさのといいます。活動記録などを主におこなっていきたいと思います。

言い訳の先に得たもの

こんにちは、あさのです。

みなさん2018年はいかがお過ごしでしょうか。

約一週間ぶりの更新となります。

2018年といえば、私がこのブログを開設したのは2018年になってからですが、実はブログを始めること自体はもっと前から考えていました。

今回は、なぜもっと早くにブログを開設しなかったのかということについて、言い訳をしていきたいと思います。

言い訳というと何か悪いことをしているような気分になってきますが、私がこの時期にブログを始めたことを咎める人はいないと思うので、たぶんセーフです。

とにかくブログを始めたばかりで書く内容に困っているわけではありません。

 

以下、言い訳です。

まずはじめに言っておくこととして、私は今タイにいます。

まとまった時間が取れる時にまとめて記事にしたいと思いますが、昨年9月の上旬ごろからタイで長期インターンをしています。

海外ということもあり、大学や企業からの手厚いサポートを受け、住んでいるアパートではインターネットも不自由なく利用することができます。

インターネットを不自由なく使えるのでいつでもブログを開設することができました。

 

そしてインターン中は現地の大学や企業にお世話になり、実務をこなしていきます。私の大学ではこの長期インターン制度のことを”実務訓練”と呼んでいます。

実務訓練では約半年の間企業で実務をこなすことになります。実務訓練はよくある短期のインターンとは違い、企業で学生は通常の社員と同じように扱われ、業務をこなします。

そのため、企業によっては残業が当たり前、夜遅くまで業務をこなし、次の日も朝早くに出勤というところもあり、大きな時間的制約を受ける場合があります。

幸いにも、私は毎日定時で退社することができています。

つまり、帰宅後にいつでもブログを開設することができたのです。

 

それに加え、海外での生活ということで衛生面や食文化、気候の違いから体調を崩すことも珍しくありません。

また半年間企業で業務をこなすうちに、まわりとの人間関係に悩み、精神を病んでしまう人が毎年いるといいます。

そして私はこの頑丈な心身が幸いして、健康体を保つことができています。

いつでもブログを始められたのは言うまでもないでしょう。

 

 

 

f:id:dasano614:20180113001112j:plain

 

 

 

そう、言い訳ができないのです。

 

頭の中ではなんとなく責任は自分にはない、何か理由があったに違いないと思ってしまうことはよくあります。

しかしながらこのように客観的事実を列挙し、自己を見つめ直すことで、初めて自分の状況を正しく把握することができるのです。

日ごろから常に物事を客観的に判断できるという人も、自己についてはその限りでない場合があります。

自分のことを一番知っているのは自分、ということは必ずしもそうではないのかもしれません。