【俺得】2017年アニメランキング【ランキング】

こんにちは、あさのです。

みなさんは最近のアニメは観ますか?

最近は放送するアニメが多くてチェックするのも大変ですよね。

そもそもアニメ自体観ないよ~という人も多いかと思います。

私は時間を見つけてちょくちょく観るようにはしているのですが、やっぱり結構な時間をアニメ視聴に費やしているなと感じます。

で、せっかく時間をかけて観たし、感想とか思いの丈とかどこかにぶつけたいなということで、

今回は俺的2017年アニメランキングを発表したいと思います!!

f:id:dasano614:20180113220700p:plain

2017年アニメランキングをいまさら!?とか言われそうですが気にせずいきます。

ランキング発表の前に2017年にどんなアニメがあったかなーという人のために、ウィキペディアのページですがまとめてあったので参考までにご覧ください↓

Category:2017年のテレビアニメ - Wikipedia

あーこんなアニメあったわという感じで私もいろいろ思い出しました(笑)

というわけで2017年アニメランキングを発表していきたいと思います!

 

2017年アニメランキング

第5位からいきます。

第5位

f:id:dasano614:20180113225648j:plain

龍の歯医者

 

この龍の歯医者という作品はNHK BSプレミアムスペシャル枠として前編・後編の2回に分けて放送されました。

作品世界の龍の存在と人々のかかわりについて物語を通じて描かれています。

 

第4位

f:id:dasano614:20180113232638j:plain

ACCA13区監察課

 

こういう落ち着いた感じのアニメ実は結構好きなんですよね~

派手なアクションがあるわけではないのですが、多面的な場面描写や会話の中から物語のピースをはめていくような感じで、楽しみながら観ることができました。

またアニメの流れとして、ゆっくり落ち着いて進んでいく感じも疲れることなく観られてよかったです。

 

第3位

 

f:id:dasano614:20180113231207j:plain

メイドインアビス

 

結構話題にもなったので観ていた人も多いのではないでしょうか。

私はアニメが放送されるまでこの作品を知らなかったのですが、第1話を観てこれは面白い!と思いまして、原作コミックを全巻買いそろえてしまいました(笑)

アビスにはたくさんのワクワクと希望、そして絶望があります。

幾度もの絶望に打ちのめされながら、それでもワクワクを抑えきれずに進むキャラクターたちの魅力あふれる作品です。

 

第2位

 

f:id:dasano614:20180113234102p:plain

宝石の国

 

宝石の国は中性的なキャラクターたちを3DCGで綺麗に描いたアニメでした。

キャラクターたちの感情表現が魅力的で、日常の一コマでさえもついつい見入ってしまいました。

また彼らの存在についての謎が明らかになるたびに次の展開が気になり、毎週楽しみにしていました。

あと第10話の長回し凄かったですよね。アングルの暴力というか、劇場版を観ているかと思いましたよ(笑)

 

第1位

 

f:id:dasano614:20180114000152j:plain

ID-0

 

第1位はID-0でした~

ちなみにこちらも3DCG アニメです。

アニメではいくつかの専門用語が登場するのですが、登場した用語をその回の最後に復習してくれるミニアニメもあって、ひとつひとつ設定を理解しながら楽しむことができました。

また、エンディングイラストやCM前後のカットインでは物語に関係しそうな意味深なシーンが使われていて、これはどういう場面なんだろうと想像するのが楽しかったです。出てくるのは一瞬なんですけどね。結局アニメでは詳しく掘り下げられることはありませんでしたが、間違いなく登場人物の設定や過去の出来事に関係あることなので想像が止まりません!!

視聴者に行間を読ませるような作品作り、誇らしくないんですか??

それからOPとEDも非常に良かったです。OP『ID-0』はノリノリでワクワク、ED『Stellar Compass』はゆったりとして本編の余韻を感じさせてくれる。

作品の隅から隅まで、観る側への配慮にあふれた作品だったと思います。本当にありがとうございました。

 

というわけでいかがでしたでしょうか。

完全に私の独断と偏見に基づいた審査だったので、あの作品はないのか?といった疑問もあると思いますが、もしあればコメントにつけてくれると嬉しいです。私も結構観ていないアニメあるので(笑)

この流れで2018年冬アニメについて書いていけたらなと思います。

それではまた。